笑いのパターン

いちごジュースの日記 > コミュニケーション > 笑いのパターン

笑いのパターン

2018年5月30日(水曜日) テーマ:コミュニケーション

「自分には笑いの発想力がない。そんな私が人を笑わせることは難しい。」

こう考えている人がいるだろうと思う。

しかし、仮にあなたに1ミクロンの笑いの才能がなくても、人を笑わせるこが可能であると、私は断言する。

なぜなら、これからお話しする、笑いのパターンをマスターすれば、発想力ゼロで人を笑わせることが可能だからである。

必要なのは記憶力だけ。

小学校5年生レベルの記憶力さえあれば、人を笑わせることが可能となる。

しかも、この笑いのパターンは合コンや飲み会など、人がたくさん集まる場所でこそ真価を発揮する。

この笑いのパターンを使えば、大人数の場で一番笑いのとれる人、いわゆる人気者になることができる。

なぜなら、美味しいところはみんなあなたが持っていくことができるからだ。

そして、繰り返すが、この笑いのパターンをマスターするために必要なのは記憶力のみなのだ。

誰でも必ず、マスターできる簡単なパターンなので、ぜひ覚えて欲しい。

これはいわゆる笑いの世界でよく言われている、天丼やかぶせである。

一度笑いが起こったフレーズを、再登場させることで笑いを起こす手法だ。

ただし、あげた例があまりよくないので、もし、イメージが沸かないようであれば以下のサイトをご覧いただきたい。

http://sukarerukaiwa.redhappy.red/