池田高校の強さを担った水野投手

いちごジュースの日記 > > 池田高校の強さを担った水野投手

池田高校の強さを担った水野投手

2014年10月 8日(水曜日) テーマ:
昭和58年の夏の甲子園、PL学園には破れたものの、池田高校のエースとして活躍した水野投手は投打に渡り、この強豪校を引っ張った名選手の一人でもあります。 池田高校が夏の甲子園を制覇した昭和57年、当時2年生ながら打線の中軸を担っていた水野投手はこの大会で満塁ホームランを放つなど大活躍を見せます。しかしこの当時のエースはのちにプロでも活躍する畠山準投手、水野投手は外野手としての出場でした。 そして畠山投手の卒業後はエースとしてチームを牽引、翌年の春の選抜でも優勝、水野投手は甲子園連覇を成し遂げる原動力となりました。 そして3連覇の大きな期待がこめられた昭和58年夏の甲子園が開幕、池田高校は順当に準決勝まで勝ち残ります。そして準決勝の相手は1年生エースの桑田、1年生の4番清原両選手擁するPL学園が相手です。 下馬評では格下と見られていたこの相手になんと7点を取られて池田高校は敗北、3連覇の夢は消えてなくなりました。 その後その1年生エースだった桑田投手とは読売ジャイアンツでチームメイトとなり、投手陣を引っ張る存在として活躍しました。 薬剤師求人 非公開情報ナビjp

関連記事

ディズニーランドでのカウントダウンを一人で寂しく

ディズニーランドでのカウントダウンを一人で寂しく

2016年11月30日(水曜日)

ファミマでうっかりやってしまった失敗談

ファミマでうっかりやってしまった失敗談

2015年1月28日(水曜日)

大学教授が、覚せい剤所持で逮捕について

大学教授が、覚せい剤所持で逮捕について

2014年11月29日(土曜日)

足が痛くなってしまう女性の悩み

足が痛くなってしまう女性の悩み

2014年11月24日(月曜日)

アヒルの日

アヒルの日

2014年11月 7日(金曜日)